看護学校の学費を母子家庭が賄うには?方法は?種類は?

看護学校の学費を母子家庭が賄うには?方法は?種類は?

 

 

看護学校の学費は母子家庭にとっては大きな金額です。ここでは
・母子家庭で使える奨学金や地方自治体の支援制度が知りたい
このような事を解説していきます。

 

 

母子家庭で使える奨学金や地方自治体の支援制度が知りたい

 

母子家庭の方の場合一番不安が
多いのは、どんな支援があるのか?
そこで、何種類か紹介したいと思います。ぜひ参考にして下さいね。

 

 

 

母子家庭を支援する国や自治体で定められている補助制度や優遇制度です。
補助を受けるにあたり条件をクリアしているかの??必要があります。
注意※   補助制度を受けるためには必ず申請が必要です。

@児童手当→児童手当の支給額は年齢や所得で変わってきますが、
一般的には ・3歳未満 …月額15,000円
      ・3歳〜12歳…月額10,000円
      ・中学生 …月額10,000円
A児童扶養手当→母子家庭の場合ほぼ受給資格がある
★児童が1人 ? 月額41,720円
★児童が2人 ? 月額46,720円
★児童が3人 ? 月額49,720円
B児童育成手当→所得によって異なりますが、18歳までの児童を扶養するひとり親家庭が対象で、児童1人につき月額13,500円が支給されます。

 

 

 

※※都道府県・市区町村・各自治体により上記以外の内容・種類も様々で異なるので、必ずお住まいの市区町村役場の福祉課等に問い合わせして聞いて下さい※※

 

 

母子家庭で使える奨学金

 

※独立行政法人 日本学生支援機構→入学前の申込み・在学中の申込みを行い
第1種《無利子・学力・収入基準有り》
第2種《有利子・収入基準有り》の2種類あります。
※母子給付金制度  ↓↓
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

 

 

まとめ 

 

母子家庭だからこそ、
先の生活!子供のために!安定した収入を得るために看護師を目指される方が非常に多い現状だと実感しています。
看護師になるまでに、いくら費用がかかり、なるまでの資金?生活費?
合格までの勉強資金?
やっぱり一番が金銭的な部分が大きいと思います。
厳しい、無理ではなく
母子家庭の方は特に奨学金や支援制度が状況におおじて
必ず当てはまるものがあるので諦めず、まずはHPや住まいの
役所や看護師対策されている場所に納得するまで電話で聞いて相談するべきです。※母子家庭の方を対象にした相談窓口もあります。
《ファミリ―サポートセンター・母子福祉センターなども充実しています。》
一人で悩まず必ず目指す方法はあるので、諦めないで下さいね。
必ず看護師を目指す気持ちがある方は、なるために進める道を探しましょう。