看護学校の過去問の疑問 入手方法は?重要?取ってた方が良い点数は?

看護学校の過去問の疑問 入手方法は?重要?取ってた方が良い点数は?

看護学校の過去問の疑問 入手方法は?重要?取ってた方が良い点数は?

 

看護学校の過去問は合格する上で重要です。

 

入手方法は?ない場合は?
過去問って重要?
取れていた方が良い点数は?

 

ここではこのような事を解説していきます。

 

 

入手方法は?ない場合は?

 

受験したい看護学校がすでにお決まりの場合であれば、インターネットで学校のホームページを見てみることがおすすめです。看護学校の過去問をインターネット上で公開している学校もあります。あとは、オープンキャンパスに行くことで配布されている場合もあります。そもそも、過去問を公開していない看護学校もありますので、受けたい学校に直接問い合わせてみることもおすすめです。公開されていなかったり、新設された学校であれば過去問がないということも考えられますが、看護学校の過去問は販売もされています。受けたい学校の過去問というわけではないですが、ほかの看護学校の過去問を知ることでも、おおまかな傾向を知るのには役立つかもしれません。意外とマイナーなようなので、近所の本屋さんで購入できなければ、Amazonに代表されるようなネットショッピングサイトを利用して、購入するのもいいと思います。あとは、過去問がない場合でも、知人のなかに、受験予定の看護学校に実際に通われている方がいるならば、直接話を聞くのが一番いいでしょう。受けたい学校に過去問があれば必ず入手し、ない場合でもあきらめず他校のものでもいいので、入手する方法を探してみてください。

 

 

過去問って重要?

 

必要不可欠といっていいほどに重要です。実際、看護学校の合格者の方の声のなかにも、数学はほぼ過去問と同じ内容から出題されていた、とか、国語の漢字は過去問より易しかったとか、過去問をやっていてよかったという内容の話があります。やはり、受けたい学校がどのような傾向で出題しているのかを知ることで、要領よく受験勉強を進めることができます。受験生は限られた時間の中で、合格に向けて必要な勉強をこなしていかなくてはなりません。そういった意味でも、過去問演習を勉強法に加えることは非常に重要です。

 

 

取れていた方が良い点数は?

 

看護学校の受験は、ある点数をクリアすれば全員合格できるような試験ではありません。定員が決まっていて、その限られた枠に受験生が殺到します。当然、倍率も存在します。要は、ほかの受験生との競争になるわけです。そう考えると、いくら過去問といえど100点満点を目指す気持ちで勉強し、実際、100点を取ることができる状態でいることがベストです。しかし、目安としては、もし看護学校が情報公開をしていて、過去の入試の合格点を知ることができるのであれば、過去問も最低その合格点以上は取れていたほうが良いということになります。

 

 

まとめ

 

看護学校のみならず、過去問は非常に重要です。大学受験でも赤本と呼ばれる有名な過去問があります。いろんな資格試験でも、本屋さんに立ち寄れば、過去問がズラリと並んでいます。やはり、傾向を知るという部分に関して言えば、過去問を徹底分析することが一番手っ取り早く、しかも最も効果が高い方法になってくるのですね。傾向を知ることで、無闇やたらに勉強することもなくなります。ということは、効率よく時間を使うことにもなりますし、さらには自分の弱点を知ることにもつながります。過去問演習を勉強を取り入れるだけで、このようなたくさんのメリットがあるのです。きちんと調べて、入手できる場合は必ず入手したほうが良いと思います。